スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

10/18 長崎・熊本旅行1日目♪

仲良しのお友達と一緒に、3泊4日の長崎・熊本旅行。
若い女子2人旅行とは思えない渋いセレクトだけど、このお友達としか行けない、オリジナル旅行をしたくて、
やりたいことを書き出して、事前に築地で美味しいお寿司を食べながらミーティングも(笑)

すごく心に残る楽しい旅行になって、一眼レフのフィルムカメラでフィルム4本、
デジカメの写真が350枚くらいに、携帯で撮った写真も・・・。
かなり長い日記になりますが、お付き合いください(*≧m≦*)

昨日は、試験の研修があって残った仕事を片付けて、先輩と飲みに行ったので帰ったのも遅くて、
それから荷物を作ったりしたから、起きられるかドッキドキ。
でも、ちゃんと目が覚めて空港へ~。
あっという間に長崎に到着。
空港で出迎えてくれたのは、カステラにチャンポン(笑)
20101018長崎1日目 (1)

長崎市内まではバスで45分くらい。
着いた瞬間に仕事の電話がかかってきちゃったけど、坂の多い長崎の町で話しながら歩くのは一苦労。

最初に行ったのが、日本二十六聖人殉教地。
12歳、13歳、14歳の子供も含まれていて、この子たちはキリシタン禁令でとらえられて、
大阪・京都から長崎に護送されて処刑をされる前に、もう1度チャンスを与えられたそう。
でも、この3人も信仰を貫いて、処刑から265年後に聖人に列聖されました。
20101018長崎1日目 (4) 20101018長崎1日目 (5)
床の模様は、処刑をされた時の縄と血を表しているそうです。
観光タクシーの運転手さんのお話をつい聞いちゃった。

つぎに向かったのは近くにあるカトリック中原教会。20101018長崎1日目 (9)
真っ白な教会の祭壇には、ほほえみの十字架。
日本にキリスト教を伝えた「フランシスコ・ザビエル」の名前は日本史の授業で聞いたことがあると思うけれど、
スペイン・バスク地方のザビエル城にある「ほほえみの十字架」の世界で唯一のレプリカ。
20101018長崎1日目 (13)
これだと、表情まではちょっと分からないよね。
Lapinのカメラではこのくらいが限界でした(>_<)

今回の旅行の1番大きな目的が、キレイなステンドグラスめぐりをすること。
その1つめの教会から、ステンドグラスがとってもとってもきれい。
20101018長崎1日目 (16)
色合いもきれいだし、お花の柔らかい丸いフォルムもとっても素敵。
日の光が差した時の床に写る色も風情があるし、ドアの上のステンドグラスも可愛い♪
20101018長崎1日目 (12) 20101018長崎1日目 (15)
最初の教会にずっといたい気持ちになり、後ろ髪をひかれながらも次の目的地へ。

ランチにたどり着く前にこの量。
先が思いやられますが、ぜひmoreから見てください♪
路面電車に「長崎だ~」って興奮してみたり、
眼鏡橋でチリンチリンアイスを食べたり、ラーメンとかおでんを売ってる自販機に立ち止まってみたり。
20101018長崎1日目 (19) 20101018長崎1日目 (22) 20101018長崎1日目 (23)

向かった先は、トルコライスを食べられる九州最古の喫茶店ツル茶ん
20101018長崎1日目 (24)
お子様ランチの大人版、大人様ランチ。
期待していたけど、味は普通というか、1回食べたらまぁ良いか、という感じ。
みんなが飲んで(食べて)いたミルクセーキが気になったけど、アイスを食べた直後で断念。

日本人として、人間として絶対に忘れてはいけない記憶の原爆。
そこには目をそむけたくなる現実があるけれど、それでも後世に生きる者として、
きちんと向き合わなくてはいけない史実に向き合うために、爆心地へ。

爆風で鳥居が半分なくなってしまったもの。
右側の写真は、原爆資料館の写真より。
20101018長崎1日目 (26) 20101018長崎1日目 (32)
数十年前、ここはたった1つの爆弾ですべてがなくなった場所だということを痛感させられる1枚。

原爆資料館の周りには、慰霊碑の彫刻がたくさん。
それを見ると、胸が潰れそうな気持になります。
20101018長崎1日目 (28) 20101018長崎1日目 (29)

原爆資料館の中には、広島で見たのを思い出す、被ばくした時間で時が止まった時計に黒こげのお弁当箱。
罪のない人たちが、日常を送っていた中で突然訪れた悲劇だということを痛感させられる資料の数々。
20101018長崎1日目 (31) 20101018長崎1日目 (30)

左:爆心地の公園には、浦上天主堂の被爆した天主堂の残った柱が移築。
中:原爆投下から何十年か経ったときに立てられた慰霊碑で、犠牲者の多かった女性と子供をモチーフにしたそう
右:ここが爆心地
20101018長崎1日目 (35) 20101018長崎1日目 (36) 20101018長崎1日目 (37)

左・中:平和祈念公園
右:平和記念公園から望む浦上天主堂
20101018長崎1日目 (40) 20101018長崎1日目 (41) 20101018長崎1日目 (43)

浦上天主堂へ向かう途中に、永井隆博士の住居の如己堂。
永井博士は、原爆で奥さまを亡くされ、2人の子供とこの2畳の家で暮らしながら、執筆を行ったそう。
20101018長崎1日目 (45)

浦上天主堂に着くと、優しいマリア様が入り口で迎えてくれました。
夕陽を浴びたオレンジの浦上天主堂はとてもキレイ。
20101018長崎1日目 (47) 20101018長崎1日目 (48)

でも、一歩引くと原爆で残された柱や、原爆で倒壊した鐘楼が忘れてはいけない記憶として残されています。
原爆が落ちたそのとき。
浦上天主堂にいた人たちは全員亡くなった。
その記憶をいつまでも忘れてはいけないし、この思いは世界中で共通で持たなければならないもの。
そんな風に感じました。
20101018長崎1日目 (49) 20101018長崎1日目 (50)

大浦天主堂まで移動した頃にはもうまっくらで、丘の上から夜景を満喫。20101018長崎1日目 (53)

そして、お夕飯はちゃんぽん発祥のお店と言われている四海楼へ。
真ん中の龍は、故宮などで皇帝だけが歩けた道を再現している・・・はず。
このギラギラした入口にちょっと不安になりつつ、2階に上がるとちゃんぽんミュージアムなんてものがあって、
ますます不安に。
20101018長崎1日目 (56) 20101018長崎1日目 (57) 20101018長崎1日目 (58)
スープのちゃんぽんと焼きちゃんぽんを頼んで半分ずつしたんだけど、味は濃すぎず美味しかった!

ホテルまでお散歩しながら、ライトアップがキレイと出ていた長崎県立美術館と近くの公園へ。
長崎美術館も素敵だったし、長崎港の向こうに見える稲佐山の下の夜景もとってもキレイ。
でも、Lapinのデジカメの性能が悪くて、全然写真に撮れず(T_T)
20101018長崎1日目 (59) 20101018長崎1日目 (61) 20101018長崎1日目 (69)
タクシーの運転手さんは稲佐山の景色をとってもオススメしてくれたんだけど、ちょっと遠くて断念。
確かに行ったら行ったでとってもキレイだったんだろうなぁ。

帰り道に立寄ったスーパーの冷ケースを見たら、ちゃんぽんばかり!!(笑)
これからの行程があるので、買えなかったのが残念。
20101018長崎1日目 (70)
お腹いっぱいだって言ってたのに、代わりにデザートとかお菓子を大量に購入しちゃった(*≧m≦*)
スポンサーサイト

テーマ : 九州の旅 -- ジャンル : 旅行

ページトップへ

コメント

非公開コメント

ページトップへ
FC2カウンター
プロフィール

Lapin

Author:Lapin
はじめまして。
「Pas a pas」のタイトルはフランス語で「一歩一歩」。毎日少しずつ少しずつ進んでいきたいと思っています。

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。